サラリーマンに人気・おすすめの資格5選まとめ

今回はサラリーマンに人気・おすすめの資格10選をまとめてみました。

簿記検定

簿記検定は、昔から人気の高い資格の1つです。

簿記会計の知識はすべての業界で必要とされるということもあり、どの業界への就職・転職にも有利になる可能性があります。

→【関連記事】

宅建

不動産取引に必須の知識です。

宅建業者の事務所にい5人に1人以上は宅地建物取引士を設置しなければならない」という設置義務が法律で定められているため、宅建を持っている人は貴重な存在です。

宅地建物取引士だけが行える独占業務もあり、取得価値は高いです。

→【関連記事】

TOEIC

TOEICはリスニングとリーディングの英語の試験で、簿記と同様にすべての業界の就職・転職に有利に働く可能性があります。

高得点(だいたい700点以上)就活は勿論、転職にも有利に働きます。

多くの企業がTOEICの点によって、

新卒採用で一定レベルのTOEICスコアを求める企業もあります。

  • ANA (500点以上)
  • レオパレス21(750点以上)
  • 楽天(800点以上)

 

ただ、TOEIC900点レベルの人でも英語の映画を聴き取ることは難しいようです。

TOEIC試験対策にはスタディサプリがオススメです。



→【関連記事】

社会保険労務士

社労士は、労働環境の整備を行うことに役立つ資格で、取得すると社労士を開業することが出来ます。

また、会社勤めでも部署によってはかなり有利に働きますし、就職・転職で有利になる場面も多いです。

現在、働き方改革で雇用環境が変化しつつあるので、将来性は高いと言えます。

社労士の勉強で得られる知識は年金や保険など日々の暮らしに直結するので、実生活でも役立ちます。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPは個人の資産設計をサポートする専門家の資格。

金融・保険業界の就職・転職に有利に働く可能性があります。

FP試験では人生設計に関する幅広い知識が問われます。

具体的な試験範囲は以下の6ジャンルです。

  1. ライフプランニング
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

FP試験は問われる知識のジャンルが広いので、他の試験と親和性が高いです。

具体的には以下の通り。※()内にある試験と範囲が被っています。

  1. ライフプランニング (社労士)
  2. リスク管理 (保険関連の資格)
  3. 金融資産運用 (証券アナリスト)
  4. タックスプランニング (税理士)
  5. 不動産 (宅建などの不動産系資格)
  6. 相続・事業承継 (行政書士や司法書士などの法律系資格)

FPは個人的には何の資格を取ろうか迷っている人に一番オススメできる資格です。

→【関連記事】

 

以上、サラリーマンに人気・おすすめの資格5選についてまとめてみました。

「世の中の99%の問題は筋トレとプロテインで解決します。」byテストステロン

Twitterで話題の筋肉社長テストステロンの筋トレ本爆売れランキングTop3

【ランキング1位】

【ランキング2位】

【ランキング3位】

コメントを残す